くじけそうになってもここであきらめないために

2015年11月30日 – 4:09 AM

ダイエットって、本当に自分との闘いなんだなぁ。

最近はそう思えて仕方がありません。

始めて1週間で少し減った体重も次の週から全く減らなくなって、カラダを動かすことを少し始めてみたのですが体重は全く変化しません。

全くと言うよりも、1キロ以内を行ったり来たりしているのです。

くじけてしまいそうなときにこれが私を救ってくれた

もうそろそろ諦めた方がいいのでは?

だってこんなに頑張っても結局自分のカラダは太っていることが当たり前の体質なのかもしれないから。

そんな風に思い始めたときに出会った商品に感動しました。

何をしても痩せない人に、と言うキャッチコピーに惹かれてつい手を伸ばしてしまったものですが、それは腸内環境を整えるもので便秘気味の私にはもってこいの商品だったのです。

元々便秘気味だった私は、ダイエットの影響からか便秘の症状も出始めていましたから、騙されたと思って飲んでみようと今までの糖質オフをお休みして試してみたのです。

すると不思議なことに、今まで不快だった便秘の症状が改善されて、体が軽くなってきました。

体重が変化するほどのものではありませんでしたが、不快感が無くなってまた頑張れる気がしてきたのです。

大切なことは、ただひたすら同じことを続けるのもいいかもしれないけれど、停滞期に入ったということは少し方法を変えてみなければいけない時期に入ったということだったのですね。

自分の体の調子と向き合ってこそ成功につながるのですよ。

Sorry, comments for this entry are closed at this time.